カードローンについて

インターネットバンキング?

「カードローン」や「インターネットバンキング」など、カタカナで書かれた英語のサービスというのは意味を勘違いされやすいようです。

 

なかなか正確な意味が理解されないのも当然でしょう。全ての人が中学校・高校で英語を習ったから、といっても大人になってしまうと使っていないので忘れてしまいます。単語一つ一つをゆっくり説明すれば納得してもらえるかもしれませんが。。。

 

カードローンとインターネットバンキングは似たようなサービスで、カードローンはカードをCD・ATM 機を利用してお金を借りるもので、インターネットバンキングはインターネット経由でお金を借りるもの、と思っている人が多いそうです。カードローンは30〜40年前から始まったサービス形態ですので、それなりに意味を理解している人が多いようです。

 

 「インターネット」はせいぜい10年ほどのものです。インターネットをヘビーに利用している人であれば、ものすごい勢いで新しいサービス形態がネット上に出てきても意味を履き違えることはないと思います。

 

しかし、一般的にインターネットの仕組み自体あまりよく理解できていない人などにはインターネットとバンキングの意味を理解しにくいようです。

 

インターネットバンキングはインターネット上の銀行ですので、基本的なサービスは街中にある銀行と同じです。違いは銀行員にサービスしてもらうことがないことと手数料が安いことではないでしょうか。

 

どこからカードローンと似たものと思ったのかはよくわかりませんが、インターネットバンキングがサービスの一環としてカードローンをやっているところもあります。

インターネットバンキング?〜カードローンについて関連ページ

ローンとは
ローンとは何かについて解説します。
カードローンとは
カードローンとは何かについて解説します。
カードの進化
カードの進化について解説します。
カードの発行元
カードの発行元について解説します。
CD・ATM機
CD・ATM機について解説します。