お金を借りる際の注意点

悪徳業者とのトラブルに巻き込まれてしまった時の対処法

年々金融関連の悪徳業者の手口は巧妙になってきています。そのためどれだけ慎重に気をつけていたとしても、どうしても巻き込まれてしまうトラブルもあります。

 

軽い気持ちで申し込みや連絡などをとってしまったばっかりに、深刻な借金トラブルに巻き込まれてしまったという人は後を絶ちません。もし自分が何らかのトラブルに巻き込まれてしまったと感じたときには、できるだけ早く専門の機関に相談をするようにしましょう。

 

よくあるパターンとしては、間違いなく違法な請求などを受けているにも関わらず、他人に相談をすると自分が借金をしていたことがバレてしまうため、トラブルを放置したり言いなりになって高い金額を支払ったりしてしまうといった場合があります。

 

確かに、借金をしていたということはなかなか他人には公表しづらいことかもしれません。しかし、対処が遅れてしまうことで金利が雪だるま式にふくれてしまったり、結果として家族や友人などにまで取り立ての手が回り大きな迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

 

しかも一度言いなりになってしまうと、よいカモを見つけたとばかりに何度も似たような言いがかりや請求をされてしまうこともあります。

 

主な金融トラブルの相談先としては、国民生活センターや日本弁護士協会などがあります。またボランティア団体として全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会というところもあります。まずは電話で自分の状況を報告し、対処方法を教えてもらうとよいでしょう。

 

 

【国民生活センター】
http://www.kokusen.go.jp/

 

【日本弁護士協会】
http://www.nichibenren.or.jp/

 

【全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会】
http://www.cre-sara.gr.jp/

悪徳業者とのトラブルに巻き込まれてしまった時の対処法〜お金を借りる際の注意点関連ページ

最近の悪徳業者の手口
お金を借りる際の注意点で最近の悪徳業者の手口について紹介します。
借金です。
お金を借りる際の注意点で「借金です。」について紹介します。
便利なので。。。
お金を借りる際の注意点で「便利なので。。。」について紹介します。
勘違いしないでね
お金を借りる際の注意点で「勘違いしないでね」について紹介します。
返済のことを考えて
お金を借りる際の注意点で「返済のことを考えて」について紹介します。
使い過ぎ防御法
お金を借りる際の注意点で「使い過ぎ防御法」について紹介します。
お互い気持ちよく
お金を借りる際の注意点で「お互い気持ちよく」について紹介します。