お金を借りる

彼女の借金体験談

母親の借金の返済がある程度落ち着いてきたころに、結婚を前提として彼女と同居することになりました。同棲ってやつですね。

 

結婚のことを彼女の父親に告げると、「まず1年は同棲してから決めろ。」とのことだったので、とりあえず同棲することにしたのです。この彼女の父親とも後でいろいろあるのですが・・・。

 

彼女はこのころ昼は花屋さん、夜はお寿司屋さんとアルバイトを二つ掛け持ちをしていました。毎日ではないですけどね。

 

二つのアルバイト代で10万円を超えるか超えないかぐらいのようでした。しかし、ほとんど給料が入ってすぐになくなっているのです。

 

おかしいなと思いよくよく聞いてみると、カードローンを3枚持っていて、総額で70万円もの借金があるとのこと。この金額はキャッシングでの利用だけでなく、ショッピングなどすべてを合わせての値段です。

 

キャッシングで30万円、ショッピングで40万円といったぐらいでしょうか。

 

ふぅ〜・・・。

 

親の借金の返済のめどがついたと思えば、次は奥さんの借金か…。まあ、母親の借金の金額から考えれば全然少ないんですけどね。ただ、まだ同棲段階ということもあり僕がすべて支払っていくというのも、微妙かなという段階でした。

 

 

彼女がなぜ借金をしたのか?

 

なぜここまで彼女の借金が膨らんだのかというと、まず最初は自動車学校に行くための費用をローンを組んで出したということです。

 

僕が住んでいる田舎は車社会なので、多くの場合が高校卒業と同時に親に費用を出してもらって自動車学校に行って免許を取ることが多いです。

 

ですが、彼女の家は自営業でかなり経営も苦しかったため、親が費用を出してくれることはなく、高校卒業後2年間は働いて、ローンを組める20歳になってローンを組んで自動車学校に通い始めたという訳です。

 

これが大体25万円ぐらいだったようです。この時は借金というのが怖かったらしく、とりあえず早く返済してしまおうと必死だったようです。

 

その後、なんだかんだでカードローンを利用するということに慣れてきて、ショッピング、キャッシングと利用して、いつの間にか総額70万円…。

 

彼女の場合、ストレスの発散がショッピングだったので、ストレスたまるたびにショッピングってなってしまうと、給料だけでは追いついていきません。しかも、一度借りることに慣れてしまうと、仕事もだらけていったようです。

 

やはり、人間って「慣れ」って言うのが結構怖いですね。最初は借金は怖いものだって思っていたのに、何度か繰り返すうちに慣れてきてしまい、それが普通になってします。

 

 

クレジットカード・カードローンの利用を禁止を約束

 

とりあえず、このままでは同棲・結婚生活とうまく続いていかないと思ったので、二人で話し合って「クレジットカード・カードローンの利用禁止」を約束しました。

 

クレジットカードは便利なものですが、とりあえず一度きれいにするためにも、利用禁止しないとダメだなと思ったのです。すべてが終わってから利用し始めるという感じで。

 

クレジットカードの利用をやめてから、最初のあたりは自分の中でいろいろ葛藤があったみたいです。クレジットカードって便利な分、いざなくなってしまうと不便になってしまうんでしょう。

 

って言うか、自分が利用できる枠はすべて自分のお金という変な錯覚もあったのだと思います。

 

なんだかんだアで1年たつぐらいの間クレジットカードの利用をやめて、毎回返済だけをやっていくうちに、ほとんどの金額を返済してしまうぐらいになりました。

 

めでたしめでたし♪

 

その後、クレジットカードを使うときは、分割払いではなく、必ず1回払いの時だけ利用してもらっています。リボ払いとかってなると、なんか便利そうだけど、結構こう高い金利がかかってきていますからね。

 

1回で支払える金額だけ使っていけば、カードローン地獄に陥ることもないですし、クレジットカードのポイントも貯まってお得です。