お金を借りる

基礎知識

キャッシング・カードローンを利用してお金を借りるというのは、ちゃんとした取引です。お金を借りる代わりに利息を支払うというものですね。

 

なので、何にも知らずにとりあえず借りるというのではなく、ある程度の知識というのも必要だと思います。知っておくということは大事なことですからね。

 

そこで、ここではキャッシング・カードローンを利用する際の基礎知識を紹介しますね。

 

すべてを完ぺきに理解する必要はありませんので、軽く「そういうものなんだな。」って感じで読んで行ってもらえればと思います。

お金を借りる際のの基礎知識記事一覧

お金を借りるというと、どうしてもマイナスイメージを先に持つ人が多いようです。ですが、問題が起きるのは自分の返済限度を超えるレベルまでお金を借りてしまうからであり、返済可能な金額を上手に借りるのであれば全く悪いものではありません。お金を借りることをすべて否定してしまったら、持ち家やマンションなどといった高額のものはよほどのお金持ちでなければ購入することができなくなってしまいます。大切なのは、自分にと...

無人契約機は、インターネットキャッシングが一般化される前まで一般的に行われていた方法です。現在も全国の各所に無人契約機は設置されているので、インターネットがちょっと苦手という人も簡単に申し込みができます。無人契約機といってもそこで行う申し込みは店頭で行う場合とほとんど同じです。無人契約機に入ると、設置されている端末のマイクからオペレーターの声が聞こえてきます。このオペレーターの指示に従って申し込み...

お金を借入れしたあとには、必ず返済をしなくてはいけません。返済時には借入金額に金利分を上乗せした金額を支払うことになります。同じ金利であっても、できるだけ短期のうちに返済を完了させることができれば、返済する総額を減らすことができます。お金を借入するときにはついつい借入ができる限度額ばかりに目がいってしまいますが、金利割合や返済期日がどのように設定されているかどうかも同じくらい注意をしてチェックをし...

お金を借入したときには必ずかかる金利ですが、実は加算方式にいくつか種類があります。金利の計算方法によっては返済しなくてはならない総額にも大きな変化が出てきてしまうこともあるので、代表的な計算方法だけでも理解しておくようにしましょう。金利の計算方法によって返済金額が影響を受けるのは、分割方式をとった場合です。まず、多くの金融機関のキャッシング広告を見ると「実質年率」という言葉が必ず記載されています。...

新規にお金を借り入れるときには、申込時に必ず希望する金額を記載します。その後金融機関独自の審査によって、その希望金額通りに貸付をするかどうか判断され、改めて「貸付限度額」が契約前に提示されます。お金を借りることのできる金融機関の比較サイトなどでは、「利用限度額」と表示されている欄がありますが、実際に各社独自の規約をみてみると必ずしも「利用限度額」という言い方がされていないこともあるので注意してくだ...

キャッシングやローンを利用するときによく出てくる単語に「金利」や「利息」というものがあります。金利と利息は一見同じことを言っているように思えますが、実際は少し異なる意味を持っています。お金を借りる前には、まずよく使われるこの二つの言葉の違いをしっかり理解しておくようにしましょう。まず「利息」とは、「お金を借りた時に対価として支払う料金」のことです。借りるものがお金であると少し理解が難しいのですが、...

個人情報信用機関とは、ローンやクレジットの申し込みがされたとき、金融機関からの依頼に応じて申込者の信用状態を調査する機関です。銀行やクレジット会社などお金の貸付を行なっている会社はほぼ100%この個人情報信用機関と提携しています。逆に考えると、全国のどの金融機関を通じて借入の申し込みをしても、同じ信用機関の情報をベースに信用状態の調査が行われるということになります。銀行やクレジット会社などは個人情...

学生ローンは、大学生や専門学校生など18歳以上の学生が専門に利用するローンです。学生ローンを利用することで、合宿やサークル活動などで一時的に必要になるお金を用意でき、充実した学生生活を送ることができます。学生ローンは必ず在学中に全ての借入金を返済しなくてはいけないというわけではなく、学生時代に借入をしたお金を卒業後就職してから返済することもできるようになっています。このとき気になるのが、学生ローン...

金融機関から提供されるお金の借入については、貸金業法によって一定の規制が課されています。貸金業法は2010年6月18日に大きく改正がされており、現行の貸金業法のことをそれ以前の法律と区別するため「改正貸金業法」と呼ぶ場合もあります。改正貸金業法の最も大きな特徴は「総量規制」が導入されたことです。総量規制とは、個人の借入できる総額を年収の3分の1以下に制限するというものです。また1社から50万円以上...

改正貸金業法と肩を並べるように、平成22年12月17日より割賦販売法も改正されました。改正された後の法律は「改正割賦販売法」と呼ばれています。改正割賦販売法で規制の対象となっているのは、クレジットカードを利用したショッピング枠の利用です。改正貸金業法ではキャッシングやローンといった現金の貸付について規制が行われましたが、改正割賦販売法でも同じように本人の年収など支払能力に応じた金額以上の買い物がで...