キャッシング・カードローンの基礎知識

学生ローンと就職への影響

学生ローンは、大学生や専門学校生など18歳以上の学生が専門に利用するローンです。学生ローンを利用することで、合宿やサークル活動などで一時的に必要になるお金を用意でき、充実した学生生活を送ることができます。

 

学生ローンは必ず在学中に全ての借入金を返済しなくてはいけないというわけではなく、学生時代に借入をしたお金を卒業後就職してから返済することもできるようになっています。

 

このとき気になるのが、学生ローンの利用が就職活動に影響するかどうかです。しかしほとんどの会社への就職では、学生自体のローン利用が影響するような場合はありません。ほとんど、というのは例外的に金融機関への就職の場合のみ大きな影響を及ぼすことになるからです。

 

個人の行う借入や返済の状況はすべて、個人情報信用機関という専門の機関にデータベースとして登録されます。しかしこの個人情報信用機関の情報は、提携をした金融機関にのみ開示されるものであり、通常の会社では情報を利用することはできません。仮に就職前に借入金があったとしても、事前に会社が調査することはできないのです。

 

しかし、個人情報信用機関と提携のある金融機関は違います。金融機関では、他人のお金を扱うことが業務になるので、自分自身で大きな借入金を抱えていたりする人を雇うというのは、将来の大きな不安要素となってしまいます。

 

もし金融機関への就職を考えているなら、卒業前に借入した金額は就職活動前にきちんとすべて返済しておくようにしましょう。

学生が学生ローンでお金を借りていた場合の就職への影響〜お金を借りる際の基礎知識関連ページ

「借りすぎ」とはいくら以上のこと?
お金を借りる際の基礎知識で「「借りすぎ」とはいくら以上のこと?」を紹介します。
無人契約機でのキャッシング
お金を借りる際の基礎知識で「無人契約機でのキャッシング」を紹介します。
借入金の返済方式
お金を借りる際の基礎知識で「借入金の返済方式」を紹介します。
金利の計算方法
お金を借りる際の基礎知識で「金利の計算方法」を紹介します。
限度額と極度額の違い
お金を借りる際の基礎知識で限度額と極度額の違いを紹介します。
金利と利息の違い
お金を借りる際の基礎知識で金利と利息の違いについて紹介します。
個人情報信用機関とは?
お金を借りる際の基礎知識で個人情報信用機関とは何かについて紹介します。
貸金業法と総量規制
お金を借りる際の基礎知識で貸金業法と総量規制について紹介します。
改正割賦販売法
お金を借りる際の基礎知識で改正割賦販売法とは何かについて紹介します。