お金を借りる

借入金の返済方式

お金を借入れしたあとには、必ず返済をしなくてはいけません。返済時には借入金額に金利分を上乗せした金額を支払うことになります。

 

同じ金利であっても、できるだけ短期のうちに返済を完了させることができれば、返済する総額を減らすことができます。

 

お金を借入するときにはついつい借入ができる限度額ばかりに目がいってしまいますが、金利割合や返済期日がどのように設定されているかどうかも同じくらい注意をしてチェックをしておくようにしましょう。

 

また、キャッシングなどで借入した金額を返済する方法にはいくつかの方式があります。現在最も一般的になっているのが「元利定額払い方式」と呼ばれるものです。

 

これはあらかじめ定められた各月の返済日に、借入をしている金額に関わらず一定の金額だけが引き落とされるという方式です。

 

キャッシングを利用した場合、常に限度額を借り入れるわけでなく必要に応じて何度かに分けて利用することが多いので、常に一定の金額のみが返済にあてられる元利定額払い方式はキャッシュフローの計算がしやすく便利です。

 

もう一つ一般的なのが「元金定額返済方式」と呼ばれる方法です。これは、返済期日に引き落とされる金額は一定ではなく、その時借入をしている総額を分割した一定金額に金利をつけて都度計算がされるという方法です。

 

キャッシングの申込時には、どの返済方式を選ぶか選択できる場合がほとんどです。それぞれの方式の違いをしっかり理解して、自分にあったものを選びましょう。

借入金の返済方式〜お金を借りる際の基礎知識関連ページ

「借りすぎ」とはいくら以上のこと?
お金を借りる際の基礎知識で「「借りすぎ」とはいくら以上のこと?」を紹介します。
無人契約機でのキャッシング
お金を借りる際の基礎知識で「無人契約機でのキャッシング」を紹介します。
金利の計算方法
お金を借りる際の基礎知識で「金利の計算方法」を紹介します。
限度額と極度額の違い
お金を借りる際の基礎知識で限度額と極度額の違いを紹介します。
金利と利息の違い
お金を借りる際の基礎知識で金利と利息の違いについて紹介します。
個人情報信用機関とは?
お金を借りる際の基礎知識で個人情報信用機関とは何かについて紹介します。
学生ローンと就職への影響
お金を借りる際の基礎知識で学生が学生ローンでお金を借りていた場合の就職への影響について紹介します。
貸金業法と総量規制
お金を借りる際の基礎知識で貸金業法と総量規制について紹介します。
改正割賦販売法
お金を借りる際の基礎知識で改正割賦販売法とは何かについて紹介します。