お金を借りる

改正割賦販売法とは

改正貸金業法と肩を並べるように、平成22年12月17日より割賦販売法も改正されました。改正された後の法律は「改正割賦販売法」と呼ばれています。

 

改正割賦販売法で規制の対象となっているのは、クレジットカードを利用したショッピング枠の利用です。改正貸金業法ではキャッシングやローンといった現金の貸付について規制が行われましたが、改正割賦販売法でも同じように本人の年収など支払能力に応じた金額以上の買い物ができないように制限が設けられるようになりました。

 

改正割賦販売法とは、年収に対して利用できるクレジットカードのショッピング額を以前よりも厳しく制限した法律です。年収の状況によっては新たに申し込むクレジットカードの審査に通らなくなったり、更新をしたときに限度額を減少してしまうこともあります。

 

クレジットカードを利用して買い物をしたとき、1回払いをする分にはほとんど影響はないのですが、複数回払い(2回払い、ボーナス払い、リボルビング払い、分割払い)を利用する場合にはかなり大きな影響を受けます。

 

割賦販売法の改正は、貸金業法が改正されたことでクレジットカードを利用して現金化をしようとする人が増えてきたことが関係しています。キャッシング枠が制限されたことで、ショッピング枠を本来の利用方法とは違った方法で使おうとする人が出てしまいました。

 

いずれにせよ、クレジットカードを利用したお金の借入については数年前に比べてかなり厳しい規制が課されるようになっているということが言えます。

改正割賦販売法とは〜お金を借りる際の基礎知識関連ページ

「借りすぎ」とはいくら以上のこと?
お金を借りる際の基礎知識で「「借りすぎ」とはいくら以上のこと?」を紹介します。
無人契約機でのキャッシング
お金を借りる際の基礎知識で「無人契約機でのキャッシング」を紹介します。
借入金の返済方式
お金を借りる際の基礎知識で「借入金の返済方式」を紹介します。
金利の計算方法
お金を借りる際の基礎知識で「金利の計算方法」を紹介します。
限度額と極度額の違い
お金を借りる際の基礎知識で限度額と極度額の違いを紹介します。
金利と利息の違い
お金を借りる際の基礎知識で金利と利息の違いについて紹介します。
個人情報信用機関とは?
お金を借りる際の基礎知識で個人情報信用機関とは何かについて紹介します。
学生ローンと就職への影響
お金を借りる際の基礎知識で学生が学生ローンでお金を借りていた場合の就職への影響について紹介します。
貸金業法と総量規制
お金を借りる際の基礎知識で貸金業法と総量規制について紹介します。