お金を借りる

お金を借りるというと、どうしてもマイナスイメージを先に持つ人が多いようです。ですが、問題が起きるのは自分の返済限度を超えるレベルまでお金を借りてしまうからであり、返済可能な金額を上手に借りるのであれば全く悪いものではありません。

 

お金を借りることをすべて否定してしまったら、持ち家やマンションなどといった高額のものはよほどのお金持ちでなければ購入することができなくなってしまいます。大切なのは、自分にとって「借りすぎ」とはいくら以上のことなのかをしっかり把握しておくことです。

 

最近は以前に比べてかなりお金を借りる自由度が上がってきているので、無計画にお金を借り続けていると、いつのまにか驚くような桁数になってしまうこともあります。自分がいまいくら借りているかを監理しておくしくみもまた、大事であると言えるでしょう。

 

現在消費者金融からお金を借りている人の統計を見てみると、だいたい平均的に2〜3社を利用し、130万円前後が借り入れされているようです。だいだいというのは、これらのデータは統計のとり方や元のデータを扱う会社の規模によって異なるためです。

 

しかし、いくつかのデータを比較してみると、上記の結果がもっとも正確な数字といえます。

 

返済が可能な金額とは、年収の約3分の1程度といわれています。手取り収入でいうなら生活に必要な分を差し引いた金額の半分〜3分の2までが限界とされています。

 

このあたりの金額を超えるようならば「借りすぎ」という状態にあるといってもおかしくないでしょうね。これ以上になってくると、返済するのがどんどん難しくなってくると思いますので気を付けてください。

 

先ほどの平均的に2〜3社を利用し、130万円前後を借りている人が多いとのことですが、この方たちで言えば、年収が約400万円ぐらいならば、とりあえずは大丈夫と言う状況になります。

 

400万円を切る年収なのに、130万前後借りているとなると結構返済が厳しい状態にあるといえます。こういう方は、とりあえず新規の借り入れはやめて、返済するのを頑張るようにしましょう。

「借りすぎ」とはいくら以上のこと?〜お金を借りる際の基礎知識関連ページ

無人契約機でのキャッシング
お金を借りる際の基礎知識で「無人契約機でのキャッシング」を紹介します。
借入金の返済方式
お金を借りる際の基礎知識で「借入金の返済方式」を紹介します。
金利の計算方法
お金を借りる際の基礎知識で「金利の計算方法」を紹介します。
限度額と極度額の違い
お金を借りる際の基礎知識で限度額と極度額の違いを紹介します。
金利と利息の違い
お金を借りる際の基礎知識で金利と利息の違いについて紹介します。
個人情報信用機関とは?
お金を借りる際の基礎知識で個人情報信用機関とは何かについて紹介します。
学生ローンと就職への影響
お金を借りる際の基礎知識で学生が学生ローンでお金を借りていた場合の就職への影響について紹介します。
貸金業法と総量規制
お金を借りる際の基礎知識で貸金業法と総量規制について紹介します。
改正割賦販売法
お金を借りる際の基礎知識で改正割賦販売法とは何かについて紹介します。