お金を借りる

貸金業法と総量規制

金融機関から提供されるお金の借入については、貸金業法によって一定の規制が課されています。

 

貸金業法は2010年6月18日に大きく改正がされており、現行の貸金業法のことをそれ以前の法律と区別するため「改正貸金業法」と呼ぶ場合もあります。改正貸金業法の最も大きな特徴は「総量規制」が導入されたことです。

 

総量規制とは、個人の借入できる総額を年収の3分の1以下に制限するというものです。また1社から50万円以上の借入をする場合や、複数の金融機関から総額100万円を超える金額を借り入れるときには、収入を明らかにする書類の提出を求めることが義務付けられています。この規制は、借入金が多くなりすぎてしまういわゆる「多重債務者」を防ぐ目的で導入されました。

 

ですが総量規制はすべての金融機関で義務付けられているわけではなく、銀行系の金融機関の場合総量規制で定められている以上の金額の貸付も許可されています。

 

そうでなければ住宅や自動車といった明らかに年収の3分の1を上回る買い物が全くできないことになってしまうからです。総量規制が適用されるのは信販系や消費者金融系の会社です。

 

また、改正貸金業法導入後は新しく借入を申し込むときの審査がやや厳し目に設定されるようになっています。新規の場合は以前まではなかった書類の提示などを求められることもあります。

 

もし改正貸金業法以前に契約をした借入契約がある場合には条件が変更されていることもあるので気をつけましょう。

貸金業法と総量規制について〜お金を借りる際の基礎知識関連ページ

「借りすぎ」とはいくら以上のこと?
お金を借りる際の基礎知識で「「借りすぎ」とはいくら以上のこと?」を紹介します。
無人契約機でのキャッシング
お金を借りる際の基礎知識で「無人契約機でのキャッシング」を紹介します。
借入金の返済方式
お金を借りる際の基礎知識で「借入金の返済方式」を紹介します。
金利の計算方法
お金を借りる際の基礎知識で「金利の計算方法」を紹介します。
限度額と極度額の違い
お金を借りる際の基礎知識で限度額と極度額の違いを紹介します。
金利と利息の違い
お金を借りる際の基礎知識で金利と利息の違いについて紹介します。
個人情報信用機関とは?
お金を借りる際の基礎知識で個人情報信用機関とは何かについて紹介します。
学生ローンと就職への影響
お金を借りる際の基礎知識で学生が学生ローンでお金を借りていた場合の就職への影響について紹介します。
改正割賦販売法
お金を借りる際の基礎知識で改正割賦販売法とは何かについて紹介します。