お金を借りる

個人情報信用機関とは?

個人情報信用機関とは、ローンやクレジットの申し込みがされたとき、金融機関からの依頼に応じて申込者の信用状態を調査する機関です。

 

銀行やクレジット会社などお金の貸付を行なっている会社はほぼ100%この個人情報信用機関と提携しています。逆に考えると、全国のどの金融機関を通じて借入の申し込みをしても、同じ信用機関の情報をベースに信用状態の調査が行われるということになります。

 

銀行やクレジット会社などは個人情報信用機関の会員となることで、ローンやクレジットを利用しようとしている人の信用情報を取得することができるようになります。この情報をもとに、申込者が返済可能と思われる限度額を設定します。返済能力を超えた限度額設定を防ぐことで、確実に貸金の回収ができるというわけです。

 

個人情報信用機関は借入をしようとする個人にとっても有用なしくみです。どこまでが自分の返済可能金額であるかは、個人の判断だけではなかなかわかりづらいからです。

 

個人情報信用機関では、これまで蓄積してきたデータベースから収入や職業に応じた限度額を算出してくれます。データから導き出された限度額を超えない範囲が、自分にとっての返済可能な金額なのだと判断することができます。

 

個人情報信用機関に登録されているのは、個人の属性情報(個人情報)の他に、過去の取引状況や、事故(返済遅滞など)状況です。登録されている個人情報はプライバシーに基づく情報として厳重に監理されています。

個人情報信用機関とは?〜お金を借りる際の基礎知識関連ページ

「借りすぎ」とはいくら以上のこと?
お金を借りる際の基礎知識で「「借りすぎ」とはいくら以上のこと?」を紹介します。
無人契約機でのキャッシング
お金を借りる際の基礎知識で「無人契約機でのキャッシング」を紹介します。
借入金の返済方式
お金を借りる際の基礎知識で「借入金の返済方式」を紹介します。
金利の計算方法
お金を借りる際の基礎知識で「金利の計算方法」を紹介します。
限度額と極度額の違い
お金を借りる際の基礎知識で限度額と極度額の違いを紹介します。
金利と利息の違い
お金を借りる際の基礎知識で金利と利息の違いについて紹介します。
学生ローンと就職への影響
お金を借りる際の基礎知識で学生が学生ローンでお金を借りていた場合の就職への影響について紹介します。
貸金業法と総量規制
お金を借りる際の基礎知識で貸金業法と総量規制について紹介します。
改正割賦販売法
お金を借りる際の基礎知識で改正割賦販売法とは何かについて紹介します。