お金を借りる

みんなの借金体験談

 

キャッシングの返済はリボ払いの一部に入らない

 

親友と飲みの約束をしていましたが、多少の手持ちはありますが、給料日前という事もあり足りるか足りないかの手持ちで、お金が不足していた為、仕方なくキャッシングを利用する事にしました。

 

クレジットカードに付いているキャッシング機能を利用する事にして、コンビニに設置してあるATMでとりあえず1万円だけキャッシングする事にしました。

 

その場しのぎで必要な分だけを借りる事に決めていたので、1万円だけの利用としています。

 

翌月に返済の請求が来たのですが、クレジットカード利用分の返済もある事も影響していますが、リボルビング払いの設定が6000円前後に設定しているが、キャッシング自体は含まれない為、返済金額は1万2千円程の請求がきていました。

 

てっきり私はキャッシングの返済も分割されてリボ払いの一部に入ると思っていたので、ちょっと予定外の金額を返済に当てないといけなくなり少々困ってしまっています。

 

きちんと調べて利用すれば良かったのですが、仕方ないと諦めるしかないみたいです。

 

もしもこれから高額のキャッシングをする場合はきちんとプランを決めてから、キャッシングする事をオススメします。

 

特にローンなどの月々の返済がある場合は私みたいに結構負担になってしまう事もありますから。

 

分割払いも可能だと思いますが、自分自身に甘えて借りることを抑える為に、返済月は我慢して過ごそうと思っています。


 

 

冠婚葬祭が重なってしまった時

 

友人の結婚、親族の葬儀と、その月に限って冠婚葬祭が重なってしまい、急にお金が必要になってしまった経験があります。

 

銀行の口座にも、あまり余裕が無くて、どうしようかなと困っていたのですが、某有名金融会社のコマーシャルを見て、すぐに、その会社の無人契約機に駆け込んでしまいました。

 

最初は、無人契約機に入るのは、周りの目が気になったのですが、一度、無人契約機の中に入ってしまえば、対面で審査されるわけでもないので、リラックスした気持ちで審査を受けられました。

 

すぐに、キャッシング用のカードを発行され、10万円を借りることができました。

 

こんなに早く、スムーズにお金が借りられるなんて思っていなかったので、驚きもありましたが、急場は凌ぐことができました。

 

借りたお金を持ち、新幹線で地元に戻り、昔の旧友と再会し、友達の結婚式を祝うことができました。

 

今でも、お金のピンチのときは、キャッシングを利用させてもらっています。

 

キャッシングを利用する前は、お金を借りることに、すごく不安な気持ちがあったのですが、一度、借りてしまえば、本当に便利なサービスだと思っています。

 

私の場合は、気持ちよくキャッシングを利用したいと思っているので、返済日よりも早めにお金を返しています!

 

みなさんも、計画的に便利なキャッシングサービスをご利用してみてはいかがですか?


 

 

家賃の支払いの為に仕方なく

 

2年ぐらい前に、私は本当にお金に困っていました。思い返せば、私の人生の中で一番の極貧時代でした。

 

仕事を辞め半年、毎日のように求人情報をチェックして、派遣会社のお仕事にエントリーし続けていたのですが、なかなか決まらず、貯金も底をついてしまったのです。

 

実家近くにワンルームマンションを借りていたので、親に泣きつくことも考えたのですが、それは本当に最終手段と考えていました。

 

というのも、私は親に仕事を辞めたことを言っていなかったのです。仕事なんて簡単に見つかると高をくくっていたので、事後報告するつもりでした。

 

仕事さえ選ばなければ何でもあるのです。しかし、毎月の家賃や保険料など何もしないでも出ていくお金のことをを考えると、アルバイトは不安定すぎると敬遠していたのです。

 

しかし、ここまでくると仕事なんて選んでいられないと思い、とりあえずコンビニのバイトの面接に行きました。

 

すると、即採用となり仕事をすることになったのですが、その月の家賃の支払いにはコンビニの給料は間に合いませんでした。

 

そこで、私はキャッシングを利用したのです。返済するアテがなければ迷っていたかもしれませんが、コンビニのバイトの給料が翌月には入るので、返済もなんとかなります。

 

キャッシングしたのはこれ一回きりでしたが、お金を借りている状況では落ち着かないというのが常にあったのを覚えています。


 

 

販売員のアルバイトから正社員にランクアップした時

 

初めてのキャッシングは、販売員のアルバイトから正社員(店長)登用へランクアップしたときでした。

 

一人暮らしだったわたしは何か非常時のときのために、とキャッシュカードを作ったのです。また、身分証明としても有効なので、なんだか大人になった印のような気がしました。

 

さっそく、遠方で友人の結婚式があったとき、持ち合わせも貯金もなく親もあてにしたくなかったため、はじめてのキャッシングを利用しました。

 

とりあえず必要だと思われる8万円をコンビニで借りました。結婚式場までの航空券代やバス代、結婚式で着るドレス、靴やバッグ、ネックレスなどの小物類などを買うに当たって、ほとんどキャッシングしたお金で賄うことができましたので、大変助かりました。

 

8万円にした理由としては、それ以上になると返済していくのが困難でしたし、当時は20万円が限度額だったせいだと思います。

 

それに当時のわたしの収入では一括で返せないので、リボ返済に設定していました。月々1万円ずつの返済で、結構な利息になっていまい、とても苦しかったですが、何とか完済しました。

 

やはり一括で返せる金額にとどめるか、親から借りるかのどちらかにするべきだったかなと思いました。


 

 

交通事故で大けがをした時

 

キャッシングを昔利用しました。

 

原因は急な出費です。交通事故を起こし大けがをしたことがきっかけです。自損事故だったためと保険に入っていなかったことにより医療費が高額になりました。

 

救急医療って高額になるとは知っていましたが、手持ちが無かったためキャッシングを利用しました。

 

こういう出費に備えるためのキャッシングはとても便利だと思いました。
その後、ケガも完治して、贅沢や外食、無駄な買い物は抑えることに専念しました。自炊を多めにし、5ヶ月で完済しました。

 

貯金なんて裕福になってからでいいやと考えていましたからキャッシングがなかったら、大変なことになっていたと思います。

 

消費者金融は怖かったですし、ケガにローンなんて物もないですから、キャッシングはありがたかったです。キャッシングのため借金がとてつもない事になっている人を何人な知っていますが万が一のためカードを作っておいてよかったなと思います。

 

大切なのは「万が一」という条件付けです。大金なんて万が一の時にしか使わないので、そういうときにキャッシングという仕組みを使えばよいと思います。

 

私の場合金銭援助を頼る人も居なかったため、全てが自己責任です。無い袖は振れ無いわけですから、急なケガや病気になってしまったら、治療を拒否せざるをおえません。

 

借りたお金なんて返せば良いので、何千万という将来賃金をケガや病気で失うくらいなら借金して治し取り返したらいいや!って気分で利用ました。


 

 

夫がリストラにあいタクシー運転手に転職してから

 

結婚してからも共働きをしていたせいで、余裕のある生活をしていました。

 

結婚後、義理の両親と同居するために、土地を買い家を建ててからも、共働きをしていたので、それほど生活に変わりはありませんでした。

 

しかし、夫がリストラにあい、タクシー運転手に転職してから、ガラッと変わりました。タクシーの仕事は、毎日の売り上げが成績になるため、給料は歩合制です。

 

それまでの仕事とは異なり、毎月、いくらの給料がもらえるのか、全く予定がたちません。売り上げが少ないと、手取りで13万円ほどという月もありました。

 

そんな中、子供ができ、私が仕事を辞めた事もあり、生活は、いっそう苦しくなりました。

 

いくら給料が少なくても、住宅ローンは毎月決まった金額が出ていきます。住宅ローンを引かれたら、数万円しか残っていないという月が続きました。
どうしようもなく苦しくなり、クレジットカードについているキャッシング機能を使い、キャッシングでお金を借りました。その時はよかったのですが、翌月、借りたお金は一括払いで請求がきます。

 

住宅ローンと、キャッシングの代金を支払ったら、手元にお金が残るわけがありません。そこで、またキャッシングをする、そんな生活を何ヶ月か続けました。

 

ボーナスの時に、やっとキャッシングの返済をし、0にする事ができました。一度キャッシングを利用してしまうと、なかなか抜け出せないという事を、身をもって体験しました。


 

 

デザイナーブランドのお洋服が理由

 

20歳ぐらいの頃、OLしていましたが、毎月決まったお給料は入って来るものの、高卒でメーカー勤務なんて大した額がもらえるわけではなし。

 

実家で暮らしていたのですが、家にも食費を定額入れる約束になっていて、結局、手元に残るお金なんて、ちょっと外食したり、洋服を買ってしまったりしたら、あっという間になくなってしまう程度でした。

 

特に洋服は、出来ればデザイナーズブランドのものが欲しかったんです。
だって、デザインもやっぱりステキだし、お友達に見られても恥ずかしくないから。

 

ただ、そうすると一着買うだけで何万円もするものも少なくなくて、お給料でやり繰りするには無理があったんですよね。

 

当時、自分と同年代の人たちが、お金に困ったらコレ...と利用していたのは、丸井のキャッシング。周囲も気軽に使っていたから、私も使い始めました。

 

気がつくと、借りては返す、そうすると手持ちが少なくなって、また借りる...という繰り返しに。

 

幸い、私の場合は限度額も低かったし、返せないほどの金額を借りるってことはしていなかったので、ボーナス時に調整が出来ていました。

 

その後2年ぐらいで転職もして、お給料の額も上がったので、いわゆるキャッシングローン地獄にはまるなんてことにはなりませんでした。

 

でも、あれって本当に簡単気軽でしたからね。デパートのキャッシュディスペンサーで引き出すだけですもん。

 

借りているって感覚がなくなっちゃうので、歯止めが利かなくなっちゃう気持ちも分かりますね。


 

 

借金地獄に陥らない為に歯止めを効かせた

 

中々浪費癖とは治らないもので、学生時代に奨学金をもらっていたのと、親から生活費をもらっていたのと、アルバイトをしていたのとで、結構お金は手元にあったので、とにかく飲み会やら合コンやら、ゲームを買ったり色々としていたんです。

 

大学生ってとにかく暇ですし、家にいてもつまらないので、友達と外に遊びに行く機会がものすごく多かった様な気がします。

 

そのころから付いた浪費癖は、暇がなくなった社会人になってからも一緒で、就職したばかりの安月給では、食いつないでいくことも難しくなるくらい浪費も激しくなりました。

 

奨学金はもう貰えないし、むしろ返済しなければいけないし、親からの仕送りも就職したという事でなくなりましたし、そのくせ社会人になったらいい格好をしたいとテレビや家電やらを休日には買い散らしていました。

 

そしたら生活費の分まで使っちゃってて、サイフを見たらすっからかん、どうやって生活していくか考えた時にキャッシングが頭によぎりました。

 

キャッシングの審査は働いているという事もありあっさり通り、翌々日には既にお金を借りていました。

 

ATMからその時は8万だったかな?おろして結局それも家賃に消えてしまいました。

 

まあ、少し生活はラクになったのですが、それも一瞬の出来事で、今後浪費をやめなければ返済は出来ません。

 

僕にも常識があるので、キャッシングを続けざまに行って行くのはよしておこうと歯止めを利かす事が出来ました。

 

1か月で返す事が出来れば借金も膨らむ事は無いですし、これからの事を考えるなら、返せない様な連鎖的に借金していくのはやめておいた方がよいですね。


 

 

貯金の大事さを痛感しました

 

去年はある時期いきなり立て続けに不幸が続いて、普段から裕福な生活ではなかったので交通費や葬式代やらで手持ちのお金がすっかりなくなってしまい、自分の生活費に困ってどうにもならなくなり、キャッシングを利用しました。

 

銀行系のカードローンは貸してもらえるか不安だったので初めから消費者金融系列のほうに行きました。

 

幸い、薄給ながらも仕事はしているので審査は通り、無事に数万円の現金を貸してもらえましたが、消費者金融で借金を作ったということが気持ち的にかなりの負担で、翌月からの返済が本当にできるかどうかかなり不安になり落ち込みました。

 

返済自体はできるのですが、それでまた生活に窮して借り直さなければならないのか、とか、いつまでこのサイクルが続くのか、もし一日でも遅れたらどうなるのか、などいろいろなことを考えてしまって本当につらかったです。

 

ただ、良いのか悪いのかその状態にも気持ちが慣れてきて、毎月少し返済があるということにも慣れてきました。

 

今はまだ残が残っていますが、今のところもう目処も付いていて、立ち直りつつあります。

 

今回の一件では貯金の大切さを学びました。消費者金融は便利ですが、やはり使わないに超したことはないなと思います。


 

 

どんどん深みにはまってしまう罠もある

 

一人で仕事を立ち上げてしばらくはとりあえずやっていけていた。

 

忙しい時に知人に手伝いをお願いしていた。半年を過ぎる頃、仕入れと売り上げのバランスがおかしくなり始めた。

 

知人へのバイト代はほおっておけない。アパートの家賃も溜まっている。親には大きなことを言って出て来た手前助けを求めたくない。

 

で、クレジットカードのキャッシングを初めて使った。その場はしのげた、当然だけど。が、これは借金、返さなければならない。

 

返す為に働くがそれもまた返せなくなってきた。返せないから、だんだんどうでもいいなげやりな気持ちになって放置。請求書、電話。もう逃げ出したくなってきていた。

 

放置してしばらくたつと銀行系のキャッシングの方から系列のなんていうんだろう、CMでやってるPとかFとかの金融業者へ移行すると連絡がきた。

 

そうするといよいよ行き詰まって放置。そうこうしているうちに親にとうとうばれてしまった。結局親に肩代わりしてもらって全額返したが今も親へは少しずつ返却中。

 

反省、返せないなら借りてはいけない。放置せず誰かに早めに相談。お金を上手に使えない人間がこういうシステムに手をつけてはいけないとつくづく後悔した。

 

気軽に借りれるということには、どんどん深みにはまってしまう罠もあるということに気がついた。