カードローンの問題点

変動金利

ローンを申し込むと元金の返済は当たり前ですが、さらに金利もつけて返済しなければなりません。この金利が金融業者の儲けとなるわけです。この金利についてはローンのタイプによって内容が変わってきますので、その設定の仕組みをよく理解してローンに取りくまなくてはなりません。

 

特にローンの返済が数年にわたる場合は熟考したほうがよいかと思います。長期ローンを組む時に通常は金利の選択ができるのですが、変動制にするか固定制にするかの選択肢があります。変動金利制を選択する場合はどういったメリットがあるのでしょう。

 

例えば現在は金利が非常に低い状態ですが、今後十数年かけてローン返済を組み時にこの金利を維持しておいた方が、自分にとって有利か否かということです。
今の金利を考え得ると「歴史的低金利」とまで言われていますので、近い将来に景気が回復してこの金利が上昇していくのではないか、と考えます。このような将来展望を描いているのであれば変動する金利を利用するのはよくないかもしれません。

 

しかし、将来どうなるのかをしっかりと判断できるような経済観を持っているわけでもありませんし、日本の景気は世界情勢とかなり密接に関係しているのでヨーロッパや中国にさらなる大きな経済的変化があったりしたら、もっと景気が悪くなるのではないか、という観も否めません。

 

結局のところいろいろな経済学者の言葉に耳を傾けても迷ってしまうばかりです。最後に選択するのはあなた自身ですので、腹をくくるしかないと思います。

変動金利〜カードローンの問題点関連ページ

固定金利
カードローンの問題点で「固定金利」について紹介します。
利用明細確認
カードローンの問題点で「利用明細確認」について紹介します。
インターネットとの連携
カードローンの問題点で「インターネットとの連携」について紹介します。
モバイルへの進化
カードローンの問題点で「モバイルへの進化」について紹介します。
TVは?
カードローンの問題点で「TVは?」について紹介します。