カードローンの問題点

インターネットとの連携

カードローンはコンビニなどATM機のあるところへ行けばいつでも借入が可能なものです。ですから自分の口座からお金を引き出すのと同じような気持ちで借入をすることができるのです。

 

最近のお金の入出金ルートはネットワークの高度化により、支払先も振り込みや引き落としを指定してくるところも多くなっています。したがってATM機で現金を借り入れて、すぐに別の口座に預け入れ、その口座から支払の準備をする、といったことをすることが結構多いのではないかと思います。

 

 しかし今は高度カード社会の時代です。カードローンの口座を作る時に、連携させる自分の銀行口座を指定しておくことによって、カードローンをATM機で行う必要がないのです。

 

カードローンで借入をする時に現金で貰うのをやめ、自分の口座に振り込む形をとればお金の移動に要する工程が減ります。さらにその口座から支払先へ振り込まなければならない場合はカードを入れ替えてATMを操作すればよいのです。この間に現金を手にすることはないのです。

 

このように現金をつかむ必要がない、ネットワーク上の手続きについては、インターネットバンキングをからめて作業できるようにもなっています。

 

こうなるとコンビニまで出向いてATM機を操作することもなく、自宅に居ながらにしてインターネット上でカードローンの借入をして自分の指定口座に移し、その口座のインターネットバンキングシステムで支払の振り込みをすればいいのです。

 

以前は会社などのオンラインシステムのように高度なネットワークでしかできなかったものが、今では自宅でできるようになったのです。

インターネットとの連携〜カードローンの問題点関連ページ

変動金利
カードローンの問題点で「変動金利」について紹介します。
固定金利
カードローンの問題点で「固定金利」について紹介します。
利用明細確認
カードローンの問題点で「利用明細確認」について紹介します。
モバイルへの進化
カードローンの問題点で「モバイルへの進化」について紹介します。
TVは?
カードローンの問題点で「TVは?」について紹介します。