カードローンの利点

カードローンの利点

カードローンって怖いというイメージもあるかと思いますが、もちろん便利なもので利点もあります。

 

そこで、ここではこのカードローンの利点というものについて解説しておきます。

カードローンの利点記事一覧

「お財布いらず」になるほどカードは進化しています。といってもお財布を持たない人はいないとは思います。カードを受け付ける機械が、もともと銀行など金融機関の自動現金預け入れ・払い戻しのために開発されたCD機が、現在のように振り込みや借入などお金にまつわるほとんどの役割をこなせるATM機まで進化しているのです。さらに買物などに使うクレジットカード機能とお金にまつわるATM機能をひとつのカードに入れている...

お金を貸し借りする時に発生するのが金利です。借り手は元金に金利をつけてお金を返済しなければなりません。こうして貸し手に払われた金利が儲けとなります。この時金利は全てが同じ割合ではありません。ローンの目的、返済期間、そして借り手の担保の有無や保証人の有無などの条件によって金利は変わってきます。さらに市中銀行や消費者金融は自由競争をしていますので、お客さんをひきつけるために金利を安く設定したりします。...

会社ぐるみでカードローンの契約をすることもできるようです。会社単位でのカードローンとは、運転資金そのものをローンで組んでしまうという考え方です。もっとストレートに言ってしまえば「他人のふんどしで相撲をとる」ようなもので、売上や利益を得るための企業活動を借り入れたお金で作ることができる仕組みです。企業活動では基本的には物を仕入れてその仕入れたものを販売し売上を作るというものです。この時仕入の代金を支...

カードローンのべんりなところは、お金の決済をクレジットカードの引き落としと同じような形態でできることでしょう。カードローンの返済方法は基本的に元金を返済期間で割、その月々返済金額に金利を上乗せしたものを支払えばいいのです。この支払期間はさまざまな長さに調節することができます。短いものでは半年程度のもの、長いものでは5年程度かけてコツコツと返済していく方法です。月々の返済ですので、忙しい時に窓口まで...

カードローンの特徴のひとつとして、引き落とし時に口座にしっかりと指定返済金額が入っていない時など、この月の返済金額を地頭的に再融資することもできます。単純な話ですが、返済を求め引き落としを試みたにも関わらず、その金額を手にすることができないのならば、その返済金額分を新たな融資として追加融資にするということです。このような状況に陥るのは借り手のミスから始まったことです。返済引き落とし予定日までに十分...

金融機関から直接ローンを組む場合と、カードローンを組む場合の大きな差のひとつが、ポイント制度かもしれません。銀行を含む市中金融業者は自由競争の中で、お金を貸して商売をしているのです。そのような状況下で、金利をコンマ数%操作してどこよりもいい金利を謳っても、そう簡単にはお客さんはなびいてくれないようです。「担保なしOK」や「保証人なし可」なども行われているようですが、お金を借りることによってポイント...