カードローンの利点

貸金業者との金利差

お金を貸し借りする時に発生するのが金利です。借り手は元金に金利をつけてお金を返済しなければなりません。こうして貸し手に払われた金利が儲けとなります。
この時金利は全てが同じ割合ではありません。ローンの目的、返済期間、そして借り手の担保の有無や保証人の有無などの条件によって金利は変わってきます。さらに市中銀行や消費者金融は自由競争をしていますので、お客さんをひきつけるために金利を安く設定したりします。

 

基本的に金利を左右するのは、国の銀行である中央銀行が一般の市中銀行にお金を貸し出す時の金利から影響を受けます。この金利を公定歩合といいます。
この公定歩合は長い間「0金利政策」を取っています。お金の出所である中央銀行が金利0%を維持することによって市中銀行から一般消費者に対する金利も限りなく安く設定できます。

 

この金利を長い間維持しているのは、スタート時にはバブル崩壊後に経営悪化した銀行を救済する目的でした。しかし現在は円高を抑えるための金利政策となっています。しかし、なかなか思ったようにはいっていません。予想以上に世界の景気低迷が長引いているため、安全で安定した円に資金が集まったままなのです。

 

金利の設定には市中金融各社の裁量によりますが、コンマ数%の戦いとなっているのが現状です。これは登録された金融業者のものですが、無登録の業者などは法定金利も何も関係ないようです。

 

ものすごい金利差があるようです。それでも借りる人がいるのですから、最悪の場合国がそうした弱者救済措置をもっとしっかりやってあげなければならないと思います。

貸金業者との金利差〜カードローンの利点関連ページ

お財布いらず
カードローンの利点で「お財布いらず」について紹介します。
会社のカード
カードローンの利点で「会社のカード」について紹介します。
引き落とし
カードローンの利点で「引き落とし」について紹介します。
資金不足と自動融資
カードローンの利点で「資金不足と自動融資」について紹介します。
カードでポイント
カードローンの利点で「カードでポイント」について紹介します。