カードローンの仕組み

カードローンの仕組みについて

カードローンがどのような仕組みになっているのかということを知りたい人もいるかと思います。

 

保証人とか、担保とかどうなっているのかな?なんて。そこで、ここでは、このカードローンの仕組みについて紹介したいと思います。

カードローンの仕組み記事一覧

基本的に人からお金を借りる場合、貸し手にとってちゃんとそのお金が返ってくるのか心配ですから、なにかと保証をしてもらわないと簡単にはお金を貸せません。お金を貸す側は、通常担保や保証人を要求します。担保というのはお金を貸している間にあまり目減りがしない物件で、一般的には土地や建物を指定してきます。貸し出す金額がさほど大きくない場合は車などを担保とすることもあります。この他にもお金を貸す側の要求するもの...

ローンには、貸し手側に対していろいろな保証制度があります。担保や保証人制度です。保証人の場合は第3者にお願いして、借用書にハンコウを押してもらうことになるのですが、もし借り手が返済不可能になった場合その借金を肩代わりして返済する義務を負うのが保証人になります。ですからあまり安易にハンコウを押すのは機をつけましょう。金額や貸し手側の規定にもよりますが、担保を取らない借金も可能な場合があります。担保が...

担保があるローンの場合、かなりまとまったお金を借りることができるようです。といっても担保物件の価値以内ということになります。担保物件として提供しようとしている自宅の土地の価値が3000万円だとします。そうするとこの土地を担保として差し出せば3000万円借りることができるかといいますと、そうはなかなかうまくいきません。貸す側は金利も保証してもらわないとお金を簡単に人様に貸したりはしません。また大金に...

カードローンでお金を工面する時、一般的なカードローンだと目的を設定せずにお金を借りることができます。その代りカードローンでは普通100万円以下程度の設定となっているようです。2011年に総量規制が完全履行されたのを機会に、個人の借りられる金額に制限が儲けられるようになりました。年収の3分の1までしか借りられなくなったのです。したがってカードローンが1枚で100万円程度しか借りられないのであれば、数...

消費者金融や銀行が、法人向けんに勧めているのは事業資金向けカードローンです。事業資金ですからこのお金の使い道は会社の営業活動に使われる運転資金の補充として借入ができるものです。このカードローンがなぜ法人に向いているのかというと、法人は何人かの従業員が会社の同じミッションの中で働いています。営業のセクションを見てみても何人も営業マンがひとつの会社にいます。この人たち、一人ひとりにカードを持たせれば会...

あんなに小さな一枚のカードに、細かい個人情報を満載することができるのかと思うと驚き以外なにもありません。手のひらにのるような小さなサイズで、そのカードの持ち主情報を確認できるだけでなく、いくら借りていていくら返済が済んでいるのかなど、事細かな情報が入っているのです。正確に言うとカードに情報が入っているのではなく、そうした情報が保存されているホストコンピュータがあるのです。カードはそのコンピュータに...