カードローンの仕組み

カードの仕組み

あんなに小さな一枚のカードに、細かい個人情報を満載することができるのかと思うと驚き以外なにもありません。

 

手のひらにのるような小さなサイズで、そのカードの持ち主情報を確認できるだけでなく、いくら借りていていくら返済が済んでいるのかなど、事細かな情報が入っているのです。

 

正確に言うとカードに情報が入っているのではなく、そうした情報が保存されているホストコンピュータがあるのです。カードはそのコンピュータにアクセスするためのリモコンキーみたいなものでしょうか?

 

カードには磁気テープが張ってあり、その磁気テープにデータが保存されているものが一般的です。しかし近年の高度ネットワーク化により、その磁気テープに収める情報を最小化し、ホストコンピュータに重要な情報を保存しておく方法に切り替わったようです。

 

そうすることによってカードを紛失したり盗まれてしまっても、主要なデータは流出できない仕組みになっているのです。ただし、カードがなくなったらいち早くその旨をカード会社に連絡しないと使われてしまう可能性はあります。

 

最近では磁気テープの他にICチップを装着しているカードも出てきました。カードのセキュリティーを高めるための方策なのですが、指紋認証や動脈認証など高度な技術を取り入れてみてもさほど普及が進んでいるようではないです。恐らく導入費用や利用者の理解度などに高いハードルがあるようです。

 

カードは確かに便利ではありますが、暗証番号などが簡単に他人にバレないようにするなどの自己防衛もしっかりしておかなければなりません。

カードの仕組み〜カードローンの仕組み関連ページ

保証人
カードローンの仕組みで「保証人」について紹介します。
無担保型
カードローンの仕組みで「無担保型」について紹介します。
有担保型
カードローンの仕組みで「有担保型」について紹介します。
目的
カードローンの仕組みで「目的」について紹介します。
事業資金向けカードローン
カードローンの仕組みで「事業資金向けカードローン」について紹介します。