カードローンの仕組み

保証人

基本的に人からお金を借りる場合、貸し手にとってちゃんとそのお金が返ってくるのか心配ですから、なにかと保証をしてもらわないと簡単にはお金を貸せません。

 

お金を貸す側は、通常担保や保証人を要求します。担保というのはお金を貸している間にあまり目減りがしない物件で、一般的には土地や建物を指定してきます。貸し出す金額がさほど大きくない場合は車などを担保とすることもあります。

 

この他にもお金を貸す側の要求するものとして多いのが保証人です。この保証人は通常では2人ほど立てることが多いようです。しかしお金を貸す人によってその人数はまちまちです。保証人の数に限らず、担保物件なども貸す人によって内容が変わってくるようです。

 

この保証人制度は第3者を立てることによって、貸し出したお金に金利をつけて約束通りの期限内に返済ができない場合、保証人が代わりに弁済するという仕組みです。

 

したがって、どこかで借金をしようとしている人から「保証人になってもらえますか?」ということをお願いされた時、簡単に「いいですよ」などといって、借用書の保証人欄にハンコウを気軽に捺印したら、その人がコケた時に大変な目にあいます。自分の借金と利息でもないのに返済を迫られる羽目になってしまうのです。

 

保証人になるのは、友人知人どころか血縁関係のある人でも、できることならならない方がよいかと思います。他人の借金問題に巻き込まれて、その返済を肩代わりさせられるなどという悲惨な目に遭わないようにしましょう。

保証人〜カードローンの仕組み関連ページ

無担保型
カードローンの仕組みで「無担保型」について紹介します。
有担保型
カードローンの仕組みで「有担保型」について紹介します。
目的
カードローンの仕組みで「目的」について紹介します。
事業資金向けカードローン
カードローンの仕組みで「事業資金向けカードローン」について紹介します。
カードの仕組み
カードローンの仕組みで「カードの仕組み」について紹介します。