カードローンの仕組み

事業資金向けカードローン

消費者金融や銀行が、法人向けんに勧めているのは事業資金向けカードローンです。事業資金ですからこのお金の使い道は会社の営業活動に使われる運転資金の補充として借入ができるものです。

 

このカードローンがなぜ法人に向いているのかというと、法人は何人かの従業員が会社の同じミッションの中で働いています。営業のセクションを見てみても何人も営業マンがひとつの会社にいます。

 

この人たち、一人ひとりにカードを持たせれば会社で営業に使われた金額を処理しなくても、カード会社がいつどこでカードが使われたのかレポートしてくれます。

 

例えば出張などで飛行機や新幹線を利用する時、社員がカードでチケットを購入します。そうするとその履歴はすでにカード会社にオンラインネットワークで瞬時に届けられ、いつどこでいくら使ったのかの記録が残ります。

 

その時このカードで支払われる金額はカードローンの残高となっていくのです。このように社員がカードを利用して旅費の精算をしたり、キャッシュをCD・ATM機から引き出して利用した場合、それらの金額がすべてローンとなっていくのです。

 

会社はそうした細やかな経費をいちいち管理しなくても、カード会社の月報で十分管理することができます。しかもそれらの経費は、厳密に言えば会社のお金ではなく全て借金となるのです。

 

おっともそうした借金ができても、そうした経費を使って稼いだ売上から営業利益がでていれば3カ月以内に清算することができます。したがって事業者向けカードローンンは小切手みたいな使われ方をするものなのです。

事業資金向けカードローン〜カードローンの仕組み関連ページ

保証人
カードローンの仕組みで「保証人」について紹介します。
無担保型
カードローンの仕組みで「無担保型」について紹介します。
有担保型
カードローンの仕組みで「有担保型」について紹介します。
目的
カードローンの仕組みで「目的」について紹介します。
カードの仕組み
カードローンの仕組みで「カードの仕組み」について紹介します。