カードローンの仕組み

目的

カードローンでお金を工面する時、一般的なカードローンだと目的を設定せずにお金を借りることができます。その代りカードローンでは普通100万円以下程度の設定となっているようです。

 

2011年に総量規制が完全履行されたのを機会に、個人の借りられる金額に制限が儲けられるようになりました。年収の3分の1までしか借りられなくなったのです。
したがってカードローンが1枚で100万円程度しか借りられないのであれば、数枚のカードを作り借入総額を数100万円にしようと思っても、この総量規制があるためにカード会社に断られてしまいます。 

 

ここで目的をはっきりさせてカードローンをうまく使う方法があります。大きな借入として住宅ローンがあります。この住宅ローンは総量規制対象外ですので、住宅を買う時にはしっかりと内容を把握して、ぜひとも使いたいローンです。

 

その他にも教育ローンや医療ローン、結婚準備ローンなどがあります。目的をはっきりさせておくことによって一般のカードローンと使い分けをすれば多くのローンを使うことができるのです。

 

しかしながら、目的をはっきりさせて多くのローンを組んだところで、借金は借金ですから返済をしていかなければなりません。しかも金利付きです。無理やり多くローンを組みすぎると月々の返済の総額がとても大きくなり、毎月のお給料の大半をそうしたローンの返済に充てなければならなくなります。

 

したがってローン返済のこともしっかりと頭に入れた上で借入を計画的にしなければなりません。

目的〜カードローンの仕組み関連ページ

保証人
カードローンの仕組みで「保証人」について紹介します。
無担保型
カードローンの仕組みで「無担保型」について紹介します。
有担保型
カードローンの仕組みで「有担保型」について紹介します。
事業資金向けカードローン
カードローンの仕組みで「事業資金向けカードローン」について紹介します。
カードの仕組み
カードローンの仕組みで「カードの仕組み」について紹介します。