お金を借りる

何かを教えてくれたカードローン

お金を借りるなんてとんでもないと思っていました。幼少の頃から親からは借金をするなと言われてきました。自分自身もその通りだと思ってきました。

 

しかし、お金を借りなければいけない事態に陥りました。妻との離婚です。離婚原因は全て私にあるため、何も言うことはできません。

 

慰謝料として200万円を請求されました。一切貯金のない私はローンという形でお金を用意するしかありませんでした。借りるのであれば普段使っている銀行からと思い、ろうきんへ行ってみました。

 

パンフレットを読んでみましたが、よくわかりません。だからと言って申し込みをせず帰るわけにもいかなかったので、窓口の方に事情を話し手続きを進めてもらいました。

 

声をかけるまでは恥ずかしさでいっぱいでしたが、その人は意外と淡々と作業を進めてくれたので、こちらとしてはありがたかったです。

 

必要書類と添付書類の説明を受け、後日揃えて持っていくと1週間くらいでカードが届くと思いますと案内を受けました。本当に審査という審査があったのか不思議なくらいあっさりとカード発行までこぎつけました。

 

カードが届き、ATMへ行きお金を借りました。意外なほどアッサリと大金を借りることができたため、なんだか拍子抜けしたような気持ちもしましたが、私の人生最大のピンチを救ってくれたこのカードに感謝の気持ちも湧いてきました。

 

借りたお金をすぐに妻の口座に振り込み、離婚成立です。
現在は、その借金の返済に追われる日々です。

 

しかし、一方で借金が少なくなっていくことに充実感も覚えています。自分が悪くてしてしまった離婚、そしてそのピンチを救ってくれたカードローン、それに恩返しするかのごとく毎月返済しています。

 

返済していくことがある意味妻への懺悔でもあります。それができている自分がちょっとだけえらいなって思えます。

 

こんな理由でお金を借りるのは決して褒められたことではありません。しかし、それによって何かを理解することもあるのだと思います。

 

カードローンの返済と向かい合いながら、自分自身と向かい合いながら、これからも頑張ろうと思います。

キャッシング体験談〜離婚の慰謝料でお金を借りました関連ページ

借金が原因でうつ病に
借金が原因でうつ病になってしまいました。
旦那に内緒のカードローン
旦那に内緒でカードローンを利用しています。
はじめてのカードローン
はじめてカードローンでお金を借りてみた。
アコムの窓口
アコムの窓口に行ってお金をお借りてみました。